【節約酒肴】チキンだけじゃない、レンジでチンする(だけ)のから揚げ粉

節約酒肴

今宵も残業あがりに美味しいお酒をいただくため、

ナイトスーパーの見切品ハントに

立ち寄った五十男浪(いそおろう)。

今宵の戦利品はコレ。

とりムネ肉角切り1パック。

お鍋に入れたり、炒めたりしてもよいのだけれど、

今宵はお腹すきすぎているので、

から揚げが食いたい!!

こども大好きハッピーターンから揚げでも良いのだけれど、

この時間から油に火を入れて揚げ物はなぁ….

というときに、おなじみ昭和産業の手抜きミール応援調味料。

そりゃあさ、普通のから揚げ粉をからめてレンチンする製法も

いろいろあることは知っていますが、

ここまで明確に商品名に

「レンジでチンする(だけ)」

割り切ってくれていると、うれしいですよね。

小腹がすいた時に、1個から罪悪感なくつくれちゃう。

それにしても、最近の昭和産業、

いろいろトガった新商品出してくれますね〜。

同社HPによれば、

日本で一番最初に天ぷら粉を売り出した

会社らしいけれど、

混ぜ餃子っていうのも、

かなり手抜きデキる感満載ですよね。

さて、今宵は、もちろん、

とりのから揚げも食べたかったのだけれど、

もう1つやってみたかったことがコレ↓

【しかないレシピ】“舞茸は唐揚げ”がイチバンらしい♪白だしを絡めて揚げるとうま味マシマシ~♡(あたらしい日日)

まいたけに白だしからめてから揚げなんて、

絶対ウマいに決まっているけれど、

これだって「レンジでチンする(だけ)」でできんじゃね?

結論としては、とってもおいしくできましたYo!

240グラムに大さじ4(32g)の割合で

から揚げ粉をチキン&まいたけに充分まぶしたら、

耐熱皿(我が家は発熱する皿マジカリーノ)

に生のまま盛りつけて、

ふわっとラップをかけたら約5分(700W)。

わずかレンチン5分(だけ)で、

あっつあつハフハフの揚げたてチキン&舞茸から揚げ。

シーズニングが、ちょっと強めの味付けでしたから、

まぶす粉の量は、規定量の9がけくらいでも

ちょうどよかったかも…という

感想は持ちましたが、なにより

「まぶしてチン(だけ)」という手軽さは、

深夜の晩酌にはホントにありがたい。

今回は、チキン&舞茸でしたが、

おそらく「厚あげ」とか、

「じゃがいも(ポテト)」とか、

他の固形食材でもウマくいく可能性大です。

手抜き調理に振り切った

「レンジでチンするから揚げ粉」

おかず、晩酌のつまみにまぶして3-5分チン

だけの常備調味料として、

キッチンにストックしておくことを

おすすめしますYo!

コメント

タイトルとURLをコピーしました