【節約酒肴】やきとり缶タッカルビで家キャンプ気分♪

節約酒肴

五十男浪(いそおろう)の東京下町ウサギ小屋では、

もう10年以上、寝室は6畳和室1間。

夫婦+男児2人の4人ながら、

6畳間にお布団は3組しか敷けないので、

3枚の敷布団に「川の字+1本」

雑魚(ザコ)寝の状態をずっと続けてきました。

しかし、長男14歳、次男10歳になってきて、

さすがにそれも限界かも…

それを痛感したのが、先月、

次男が小学校クラスターでオミクロン株を

もらってきたこと。

幸い親に感染することはなかったものの、

当然隔離部屋なんていうものはなかったので、

五十男浪が物置で寝袋生活。

でも、考えようによっては、

これはこれで、ぐっすり眠れたし、

意外に快適だったかも〜♪

ウフッ、”男の隠れ家(!?)”個室だよ〜ん…

そのうち「常時寝袋生活」になることを見据えて、

「着る寝袋」を近々用意しておこうかな。

さて、すっかり家キャンプ気分が盛り上がった五十男浪。

最近は、毎夜の晩酌も、ヒロシの真似して、

すっかりソロキャン気分です。

今宵のおつまみは、こちら。

そのままオープンして、爪楊枝でつまみながら一杯、

も角打ち気分で良いのですが、ここは家キャン気分でひと工夫。

これだけでも美味いけど、何の変哲もない

「いなばのやきとり缶 しょうゆダレ」

チューブ・コチュジャンをひとひねり。

キムチをひと盛り。

久々登場ピザシュレッド(ただし、悪あがきのため豆乳由来)。

created by Rinker
¥969 (2023/01/28 14:12:06時点 楽天市場調べ-詳細)

以前、子供たちのハンバーグを焼きのばしするために買っていた

エスビット・ポケットストーブでひと煮たち。

こうなりました。

吹きこぼれ対策のため、急きょ蚊取り線香缶を敷きました。

固形燃料(和風旅館などで、1人鍋を煮るのによく使うヤツね)

で焚き火するので、15分くらいで勝手に消えてくれるため

家のダイニングでやっても安全。

簡単に食卓でアウトドア感覚になれるでしょ?

今回は、手抜きをして、缶詰ごと火にかけましたけど、

ひと手間、小鍋に具材を移して煮炊きすると、

もっと本格的なひとり鍋になりますね〜。

ともあれ、普段の缶詰をちょっとアレンジしてみたくなったら、

卓上焚き火台でひと煮立ちさせると、

ものすご〜くアレンジの幅が広がるんです。

なにより、目の前でライブで調理をしながらいっぱい飲むと、

普段の平日でも、ホントにキャンプに来たみたいな気分で

楽しいですよ〜!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました