【気になった本】『情報断食~空っぽになるほどうまくいく生き方』(鈴木七沖 著/きずな出版)

気になった本

身も心もメタボリーマンの五十男浪(いそおろう)。

じつはいま、2泊3日で伊豆高原の断食道場に入門しております。セキララ道場暮らしリポートは、別記事に改めることとして、ここへ来るまでに読み切った本についてご紹介。

『情報断食〜空っぽになるほどうまくいく生き方』(鈴木七沖 著/きずな出版)

この本にたどり着く前に、ネットサーフィンをしていて気になったのが、PRESIDENT Onlineのこちらの記事。

「ビル・ゲイツも30年以上やっている」一流経営者がこっそり続けている”情報断食”の効能
ノイズから離れて良質な思考をする

※全文を読むためには、無料会員登録をする必要があります。

この記事で紹介されていた新刊 『ノイズに振り回されない情報活用力』(鈴木 新介 著/飛鳥出版社)については、まだ目を通せていないのですが、やはり気になるので、Amazonからポチっしました。

created by Rinker
¥1,650 (2023/01/28 22:28:46時点 楽天市場調べ-詳細)

さて、鈴木七沖 氏の『情報断食』に話を戻すと、本書は「ハウツー本」ではありません。だから、本書を読んでも「情報断食のうまいやり方」が分かるワケではありません。

ただ、基本的には著者の体験談が綴られている本ではありますが、情報を強制遮断する方法、そこから生まれる効用について、共感できる点は多いように感じました。

一番うなずけたのが、食事を断つ断食の効用を引き合いに出して、

空っぽになると それを埋めようとする力がはたらいて 必要な情報が向こうからやってくる。「情報断食」とは、そんな原理原則を活用した思考のリセット法です。

本書1ページ目

と定義された冒頭の一文。

じゃあ、実際空っぽにするにはどうしたらいいの?という点について、著者は、日常習慣化していた「テレビ」「新聞」「本・雑誌」を断つ(書籍編集者なのに?)ということを約2年間続けたそうです。

これはあくまでも、本書著者のやり方であって、他にもさまざまな人が「※※断食」と称して、依存するものを断つ試みを行なっていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

「IT断食」のすすめ

起業家が一週間の「ネット断食」から得た3つの効果

いずれにせよ、どの方法をとるにせよ、

「あたりまえ」と思っている(いた)ことから、一度距離を置いてみる!

これが精神衛生上すごくイイ、ということが非常によくわかりました。

(断食道場に、WindowsとMacのノートパソコンを2台持ち込みして引きこもっている時点で、五十男浪自身の「情報断食」はまだまだ、ですが…汗;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました