年収・資産500万円が投資の分岐点となると…

ニュースより

フィデリティ投信が1万人のビジネスパーソンに行ったインターネット調査の結果を、

興味深く読んだ。

投資を始める分岐点、年収と資産「500万円の壁」は崩れるか?
現在の年収レベルや、資産の運用で老後資金を果たして作れるか。これまで、「500万円の壁」と言われてきたものが、積み立て投資の普及などにより、変わってくるかもしれない。フィデリティ投信の調査より。

ざっくりいうと、個人的に国内・外国株や投資信託などへの投資に

取り組んでいる人といない人の比率が大きく変わる分岐点が

「年収、もしくは資産500万円以上」ということになるらしい。

五十男浪のように未満クンは「実際の投資に振り向ける資金がないから」

というのが、非常にわかりやすい理由となりますが、

いや、ちょっと待てよ。

このまま行くと、下流老後一直線なわけですよね?

なぜなら、コロナ禍の中でフロー所得(給与所得など)は大きく減じて

庶民の生活は苦しくなる一方なのに、

ストック所得(利子、配当所得ほか)は大きく増えて、

富裕層は資産を大きく伸ばしたというではないですか。

つまり、現在のところフロー所得よりストック所得を持つ者の方が

はるかに稼ぎやすい環境下にあるのに、

「種銭がないから」という理由でいつまでもストックを持たないでおくと、

どんどん差がついてしまうという構造。

幸い、いまは本当に小口から投資を始める環境が生まれつつあります。

iDeCo、単元未満株取引、ポイント投資、積立NISA etc.

100円からでもストックを持つ努力を始める・続けることが、

五十男浪含め下流中年クン必須のサバイバル・スキルです。

ニュースより
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました