【節約酒肴】プチトマト&鮭みりん干しのオリーブオイル炒め

節約酒肴

五十男浪(いそおろう)、

園芸は(も)シロウトですが、

ベランダで、

プチトマトやら、ゴーヤやら、

茄子やらを育てています。

 

ここ数日は、

プチトマトが次々と

食べごろに熟れてきたので

収穫中。

 

ふだんスーパーで買う

分量以上のプチトマトが

いっぺんに収穫できると、

「ハテ、どうやって食べようか?」

と思案してしまうのですが、

「トマトは焼くと美味しいよ〜」と

カリスマ主婦さんに

教えていただいたので、

やってみることにしました。

焼きトマト単品でも

十分酒肴になるらしいですが、

今宵のパートナーは、

前夜からみりん干ししていた、

同じ色合いの鮭(サーモン)

切り身クン。

ともにひと口大に切ったら、

下味は一切つけずに、

フライパンにオリーブオイルを

流して炒めはじめます。

プチトマトちゃんが

可愛らしい色合いに

変化してきたところで、

鮭みりん干しクンがダイブ。

トマトも鮭も頬が真っ赤に

なってきたところで、

最後の味付けに

ブラックペッパーをひとふりと、

ピザチーズをトッピング。

以上! 超簡単!

熱々ホクホクをいただきました。

甘い〜、旨い〜、と、

結局今宵も少々

缶チューハイを

飲みすぎましたとさ。

 

ところで、

なぜトマトを焼くと

甘くなるのか?

トマトやチーズに多く

含まれているとされる

アミノ酸の一種「グルタミン酸」が、

加熱されると

旨み成分を増すのだそう。

ああ、だからピザには

トマトソースが良く合うのか。

改めて見直してみれば

(というところで、

ぜひ上の写真を

ご参照ください)、

ピザ生地が敷いてないだけで、

お皿の上に乗っかっているものは、

ピッツァ・マルゲリータの

トッピングそのものだボーノ!

そりゃイタリア〜ンな

わいになりますわな。

 

オーブントースターでも

作れますから、

トマトの使い道に迷ったら

ぜひやってみてくださいね。

ブォナノッテ! (おやすみなさい)  zzz…

節約酒肴
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました