【節約酒肴】残りモノの袋麺スープ+ツナ缶で、フライパン要らず、包丁要らずの無限きゅうり

節約酒肴

五十男浪(いそおろう)家、

今宵の晩酌おつまみの、

主役はこの子たち。

きゅうりと、

残りモノの袋麺スープ(粉末)

ごま油と塩昆布。

おっと写真に入りそこねた、

ツナの缶詰が1缶。

 

とにかくお腹がすいて、

今すぐ飲みたい、

食べたい五十男浪。

フライパンも包丁も使わず、

一心不乱に、

ただかき混ぜる

ことといたしました。

 

中途半端に残った

袋麺の粉末スープが

絶品おつまみになることは、

なーんちゃって無限もやし

で実証済み。

 

今回はもやしを

茹でることすらせず、

包丁も使わず、

ただきゅうりを

バキバキと手で

引きちぎるのみ。

これ、結構ストレス解消に

イイですね。

 

まず、カレー皿などに、

袋麺の粉末スープをあけます

(乾燥かやくなどが

混ざっていても、

食品アレルギーの

心配がなければ、

そのままでOK!)。

ツナ缶を1缶、油ごとmix!

香り付けに、ごま油も

小さじ1フリして、

さらにmix! mix!

程よい調味ソースと

なったところで、

最後に手ちぎりきゅうりを

mix! mix! mix!したら、

塩昆布をトッピングして

できあがり!

五十男浪の

自作酒肴史上最速の、

1分25秒で1品完成です。

 

残りモノには

福があります♪

もしご自宅に、

使いそびれた半端もんの

袋麺粉末ソースが

まだ残っていたら、

とにかく簡単だから

是非やってみて

くださいね。

アルコールがススむこと

請け合いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました