【今宵お持ち帰り】街中華の手作り生餃子

今宵お持ち帰り

最近、夜8時を過ぎると、街中まっくらではありませんか?

晩酌難民と化している五十男浪(いそおろう)でございます。

 

昨日は、久々に夜7時前に仕事を切り上げることができたので、

夜8時のロックダウン前に、脱兎のごとく職場を退散「おっ先に失礼しま〜す!」

 

そして、前からずっと気にはなっていたのだけれど、

足を踏み入れられずにいた街中華の名店に突撃。

中華あゆ太

 

そう、この娘(こ)に会いにきたんです。

昭和人にとっては、懐かしい昔の恋人にめぐりあったような瓶ビール(中)。

厨房に面したカウンターに座ると、

天井の棚に据えられたテレビが、

民放バラエティ番組を流しているあたり、

ホント彼女の下宿アパートに転がり込んだようなデジャブ感。

 

そして、このお店の近所に住むブロガーさんが絶賛していた

「マーボーメン」を注文して、夜7時-8時のたった1時間で、

痛飲してしまいました。

汁なし麻婆麺、寒い夜にはあったまるわ〜。

(そしてビールも進むわ〜。)

 

帰りに餃子を生(冷凍)で持って帰れるとお聞きしたので、

1折”おみや”に。

まあ、とっても可愛らしいサイズ。

焼餃子/水餃子/揚餃子をかねてるんだろうな。

 

自宅のキッチンにて「銀座アスター焼き」に挑戦。

(はじめチョロチョロ、なかパッパ。)

これはイケる。

 

熱湯をさして、弱火で水分が蒸発するまで待つのがちょっとまどろっこしいものの、

水分を飛ばしてから最後に強火+油でコゲを作ることでカリッと仕上がります。

家に帰っても益々アルコールが進む〜♪

いっただきまーす!

 

 

 

今宵お持ち帰り
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました