【節約酒肴】ボロネーゼ・ソバデッセ(ん?なぜ関西弁)

節約酒肴

五十男浪(いそおろう)は、

何年か前までは、年に1-2度仕事で国外に出張に出ていました。

 

2020年以降、国外との行き来が非常に難しくなってしまっていますが、

早くまた2019年以前のような世の中に戻らないかなぁ。

 

2016年の春には、北部イタリア、ボローニャに行ってきました。

(もちろん仕事でしたよ。)

こんな街です。

美食の国イタリアでも、特に「食の都」といわれるほど美味しいものが

集まる街で、あの「ボロネーゼ」スパゲッティ発祥の地です。

(だから、私は仕事で行ったんですってば…)

 

で、本場ボロネーゼは、牛肉を本場の赤ワインでじっくり煮込んだり、

クセのないパルミジャーノ・レッジャーノを用意したり、

何かと手間がかかります。

 

でも、もちろん味は和風になりますが、お手軽に

「なんちゃってボロネーゼ」が作れると聞いて、【節約酒肴】に挑戦。

 

そもそも、ボロネーゼには上質な赤ワインが合うのでしょうが、

平日からそんなものを飲みだしたら酔っ払って翌日仕事にならん。

それに、アルコールのアテに小麦粉ベースの高GIパスタをいただいていては

益々メタボ一直線。

 

そうだ、そんな時には日本蕎麦がある!

 

ということで、今宵は蕎麦に即席ボロネーゼソース、粉チーズで洋行気分♪

     *     *     *

具材を赤ワインで煮込む代わりに、ウスターソースとケチャップを

使っていた料理家さんもいたので・・・ということは、我が家に

大量に在庫されているマック・ナゲットの「バーベキューソース」が使える!

玉ねぎ1個

牛挽肉200g

マック・バーベキューソース 2-3個

(もしくはケチャップ+ウスターソースを大さじ1と1/2)

黒こしょう(お好みで)

日本蕎麦(乾麺でも生麺でも)

 

玉ねぎをみじん切りに切り刻んだら、フライパンで飴色になるまで炒め、

挽肉、ソース、黒胡椒をかけてソース出来上がり。

蕎麦は、ざるそばの要領で茹でたものに、先程の牛挽肉ソースを盛り、

粉チーズを振ったら、ウン、これはゴハンではなくて酒肴だ。

カンパ〜イ♪

 

 

 

節約酒肴
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました