サラリーマン成仏、ですか。五十男浪(いそおろう)は、まだできてないなぁ。

ニュースより

コロナ禍で冠婚葬祭も大きくかわる中、

五十男浪は明日、菩提寺にて実母の7回忌をあげます。

 

なにしろ「集まるな」「みんなで外で飯食うな」という世の中なので、

実の娘、息子の2人+お坊さんだけで執り行う、

ひっそりとした法事です。

おふくろはちゃんと成仏できたんかなぁ…

親不孝息子がいい歳こいてまだフラフラしてて、気が気でないんかもしれないなぁ…

 

さて、「50歳前後のサラリーマンは早く成仏しなさい

という中見出しにギョッとして、大江英樹氏のコラムをチラ読み。

なるほど、50歳でサラリーマン成仏というのは大江氏の私論ではなく、

大前研一氏も著書で語っていることなのね。

 

五十男浪は、ぜんぜん成仏できてないなぁ。

じょう‐ぶつ【成仏】[名](スル)仏語。

1 煩悩 (ぼんのう) を断ち、無上の悟りを開くこと。

2 死んで、この世に未練を残さず仏となること。

また、死ぬこと。「安らかに成仏する」   デジタル大辞泉(小学館)

暗黒の40代、なかでも始終苦労した49歳を経て、

50歳になるのをカウントダウンした上で、

それまでのしがらみを完全に bang したはずではあるのだけれど、

今でも時々、ふとしたことで、

とても悔しかった思い出などがよぎることはあります。

前を向いて歩かないと!

 

ということで、元気のでる記事も1つ見つけました。

50歳過ぎて活躍するため「知力」以上に大切なこと

要は、これからは「知力」よりも「気力」と「体力」だ、

という結論ではあるのですが、

やはり50歳からアンパンマン・シリーズを描きはじめた

故やなせたかし氏のエピソードには、元気100倍いただけますね。

うん、無理なことはわかっちゃいるが、40代までの自分には

どうにか成仏してもらって、

生まれ変わった2.5成人式の鼻垂れ小僧として、

何か面白そうなことだけ探して生きて行こう!

 

▲アンパンマンあんぱんを買った下町のパン屋さんで、

同時に見つけた「亀の歩みぱん」

ニュースより
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました