【節約酒肴】レンチン自作の韓国海苔(風)で即席手抜キンパ

節約酒肴

韓国海苔(のり)は

お好きですか?

 

はい、

五十男浪(いそおろう)は

好きです。

 

ほんのり塩味がきいて、

晩酌のアテにポリポリ

かじるのに

ちょうど良いですよね。

 

てっきり、「韓国海苔」

と言う「品種」なのかと

思っていたら、

海藻の種類としては

日本の寿司海苔と

全く同じ海苔(のり)

なんですね。

 

知りませんでした。

自宅でレンジで

かんたんに「もどき」

が自作できることも。

 

早速、やってみました。

ちょうど家の冷蔵庫に、

以前手巻き寿司をしたときの

寿司海苔が残っていたので。

(しかも少し時間が経って

しまって、ふやけていたので。)

塩気をきかせる

必要はあまりないので、

まずは寿司海苔の表面に

うす〜く裏表ごま油を塗ります。

ごま油が乾かないうちに

白ごまをまぶしたら、

そのままレンジに入れて

約30秒〜40秒チン♪

もともと水を吸ってふやけていた

海苔が、パリパリに乾いて、

ごま油も良い香り。

このままむしゃむしゃと

いただいても美味しそうな

感じに仕上がりました。

 

しかし、せっかくなので、

これまた残り物を冷蔵庫から

かき集めてトッピング。

↑こいつがまだ残っておりました。

メカジキの味噌漬け。

ついでにプチトマトも一緒に

グリルして、海苔の上に

乗っけるとこうなります。

もう、こうなると、

文明の力、箸やナイフや

フォークは要りません。

野生のままに

海苔をくるくる手で巻いて

あっつあつのところを

ガブりつくだけです。

他には一切調味料とか

隠し味とかは要りません。

 

とっても手抜きワイルドな

一品ながら、

アルコールがとっても進む

酒肴になりましたよ。

 

どこのご家庭でも、

微妙に残ってしまう

寿司海苔、味付け海苔。

活用方法に困ったら、

一度試してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました