退職金がなく”老後資金作りに焦る”36歳は、「支出を限界まで絞って投資に回したい」のかぁ…

ニュースより

マネーフォワードのFP家計相談シリーズで、

FP横山光昭氏のアドバイスがナイスだったように思われたので。

『退職金がなく老後資金作りに焦る36歳「支出を限界まで絞って投資に回したい」』

この相談者からの問いかけに対して、回答の前提となるスタンスは

「投資をする前に大切な条件がクリアできているか」

〜・〜・

あらゆる意味でびっくりな記事だったけれど、

そもそも「36歳男性会社員」が老後資金を心配する日本って、大丈夫なのか?

五十男浪みたいに、既に老後入りカウントダウンがはじまっている漢ならいざ知らず。

「30代」ですよ。これからまだ20〜30年先のことが心配で仕方ないんですよ。

そこまで若年層にも「老後不安」の意識が広まっているのか、とも驚くし、

日本の年金に寄せる信頼もゼロに近い、ということですよね。

まずはこのような閉塞的な意識を変えるところからはじめないと、

そりゃあ現金10万円配っても貯金してしまいますよね、麻生大臣!

(あまりにもお金に困ってない人の傍観者的な10万円貯金コメントで、腹が立つ!)

その上で、指摘事項が3点。

「相談のなかで、気になったことが3つ、

・貯金が少ないこと

・仕事に必要な要件(学習や身なりなど)が保てているのか

・仕事に必要な他社との交流、情報交換ができているのか、ということ。」

これはやはり横山氏指摘の通り、優先順位づけを見直す案件であろうと思います。

五十男浪の場合、老後のことばっかり考えていられないのは、

それに先立つ「教育」という問題があり、

どうしても優先順位が

教育>今の生活>老後

となってしまうわけで。

だからいつまでもたってもマイナスなのは判っちゃいるものの、

唯一の救いはこの不等式に「住宅」という大問題が含まれないことだと思ってください。

※別の記事でポストしたように、あと2年で「住宅問題」の借金とはオサラバ!

〜・〜・

ともあれ、自助で自分の老後不安がなくならない日本って、やはりおかしいよ。

そう思いませんか、同士?

ニュースより
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました