【節約酒肴】真夜中の晩酌カレーライスは妥協の産物

節約酒肴

もし、真夜中におなかいっぱいカレーライスを食べたくなったら、どうしますか?

(しかも晩酌のあとで)

(1)カロリーなんか気にせず、本能のままに食べたいだけ食べる

(2)ガマンする

(3)妥協する

ワタクシ、五十男浪(いそおろう)の選択は(3)となりました。

だって、(2)ガマンするなんて、身体に良くないよ。食べたいものを食べようよ。ワタクシ、そんなに強じんな意志の力も持ち合わせていないし。

とはいえ、つい先週の断食道場で、現在のメタボリック元凶が晩酌+晩御飯カロリーによる内臓脂肪にある、ということもわかったしなぁ。

ということで、結局、(3)妥協という選択肢に落ち着きました。

結果はこう↓

「お米のかわりのカリフラワー+大豆ひき肉キーマの焼きカレー風」

今回は(手間ひまかければレンジ1台で完結できるレシピのような気がしますが)、夜中に時間が惜しいので、下ごしらえにはガス台+フライパンを使いました。

(1)まずは、以前にも登場したイオンの「お米のかわりに食べるカリフラワー」1袋を、軽く塩こしょう1ふりだけで炒めます(仕上げにレンチン3分するので、完全に熱が通ってなくても、水気が飛べば大丈夫)。

(2)玉ねぎ1/2個をみじん切りにして、フライパンで飴色になるまで炒めます。いい頃合いになったら、大豆ひき肉をin+カレールー(今回は粉末バーモンドカレー中辛を使いました)をin。

仕上がった(1)と(2)を、耐熱皿にのせます。

我が家は、「レンジで発熱するマジカリーノ」。

最後にいろどりでピザチーズとプチトマトなんぞをのせますが、ここも妥協の産物でチーズの代わりに大豆由来のBEYOND TOFUピザシュレッド。

created by Rinker
¥969 (2023/01/28 14:12:06時点 楽天市場調べ-詳細)

これを、フワッとラップして、最後にレンジ(我が家は700kw)で3分、チン♪すると、こうなりました。

ね?ロカボでしょ?大豆ミート+大豆のチーズ+カリフラワー+プチトマト+玉ねぎだけの焼きキーマカレー。要はカレー粉がとても自己主張の強い調味料だから、まわりの具材たちは、無味でも十分ひきたて役になってしまうんです。

それに、白米ではないから、カレーを食べながらお酒飲むこともできますしね。

せっかくだから、缶酎ハイもう1缶開けようかな♪

(って、それがメタボにいかんのだ、それが!!!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました