【固定費削減アクション】「マネーフォワードでんき(!?)」なるものに乗り換えてみることにした。

固定費削減アクション

以前、

携帯キャリアを格安MVNO系に乗りかえた話

をしました。

多くのファイナンシャル・

プランナー(FP)が

指摘するように、

携帯を格安SIMに

することは、

家計改善効果が

非常に高いからです。

それにくらべて、

「電気代」「ガス代」

など光熱費の話は

あまり聞きませんね。

新会社が

多く出てきていますが、
元となる

電気・ガスの仕入れ値が

硬直化しているので、

携帯代ほど劇的な

割安感が得られない

のでしょうか?


しかし、実は

五十男浪家は

2016年電力自由化以降、

すっかり電気ジプシーと

化しております。

東京電力

=> auでんき

=> ENEOSでんき、

と乗り換えて、

今回2021年から

さらに乗り換え。

シン・エナジー

というところを

試して見ようかと

思っております。

 

新電力比較サイト

というページがあって、

なんと419社もの電気料金を

比較できるのだそうです。

同サイトの、2021年4月版の

人気ランキング

Best 10は下記転載の通り。

  1 位 CDエナジー

  2 位 シン・エナジー

  3 位 エルピオでんき

  4 位 ENEOSでんき

  5 位 ジャパン電力

  6 位 出光昭和シェル

  7 位 Looopでんき

  8 位 関西電力

  9 位 ソフトバンクでんき

  10位 東京ガス   

はっきりいって、

素人には、

どこの会社が

どれくらい安いのか、

メリットが

ほとんどわからないです。

じゃあ、なんで乗り換えるの?

 

そもそも最初は、

ENEOSでんきの

2年割が終わるので、

「楽天でんき」に変えて、

戻される楽天ポイントを

投資信託に回そうかと

思っていました。

 

そんな気分で

ネットを検索していると、

上記のシン・エナジーが

スマホ家計簿アプリ

「マネーフォワード」と

提携したことを

発表する記事が。

 

うちは、

もう4-5年にわたって

家計管理に

マネーフォワードmeの

プレミアムプラン

(月額約500円、年間約6,000円)

に加入し続けてますが、

マネーフォワード経由で

シン・エナジーに申し込むと、

これがタダ。

 

たとえ年間数千円でも、

これまで支払っていたものが

0円になるのは、

非常に分かりやすい

オファーなので、

この電力会社を

試してみること

にしました。

次の見直しはガスだな。

あ、違った。

それより先に、

トイレの電灯消し忘れ撲滅か…!?

いかんいかん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました