【五十男浪ブログ】さよならコイン pocket changeで招き猫貯金箱はハッピーリタイアメント

五十男浪ブログ

コイン(小銭)の扱いは

どうしてますか?

 

最近は「コロナ禍」とやらで、

「現金決済でない方法」を

推奨するお店も増えてますよね。

 

五十男浪(いそおろう)宅では、

むかし買った瀬戸物の

招き猫貯金箱が

玄関に鎮座しています。

 

以前は、おつり貯金のため、

帰宅した時に

小銭入れからコインを出して、

この貯金箱に入れていました。

 

しかし、

最近コイン(小銭)の扱いって、

本当に困るんですよね。

本来、

両替商でもあったはずの銀行も、

数百枚ものコインになると

「金種と枚数を数えてから

持ってきて下さい。」などと

平気で言う。

ATMも、機械づまりが多いから、

小細工して、

ごく小枚数しか

入らないようにしてある。

枚数を貯め込みすぎると、

持て余してしまうんですよね。

そんな時にpocket change

3-4年前に新聞記事で読んで、

知ってはいたんですが、

気がつけばずいぶん

普及台数が増えていたんですね。

 

海外出張が多かった当時は、

出かける度に残った

外貨コインの扱いに困ってました。

外貨両替所で

コインは扱ってくれませんからね。

当時未就学児だった子供に

「お土産」と称して

渡すくらいしかしてませんでした。

(子供はそれを

後生大事にとっていました。)

 

サービス開始当時は、

「外貨コインを日本の電子マネーに

両替してくれるなんて、

なんて画期的!」と驚いたものです。

しかし、導入当初は

空港くらいにしか

端末はなかったので、

「わざわざ数百円分を両替しに、

電車賃を使って出かけるのは

アホくさい。」

と思って、

何年も塩漬けにしていたんです。

 

そうしたら、

気がつけばpocket changeの

端末の方が空港を出て、

近所のスーパーにやってきた。

これは便利!

 

さっそく、

倅が保管していた外貨コインを、

交通系ICカードの

クレジットとして

チャージしに出かけたところ、

この機械は日本円コインも

飲み込んでくれるのですね。

 

そこで、招き猫のお腹で

消化不良になっていた

日本円コインも、

全部電子マネーに変えました。

 

やっぱりお金は

(たとえ小銭でも)

動かさないと

回っていきませんものね。

 

これを持って、

めでたく貯金箱は

リストラとなりました。

いや、幸せを招く猫だから、

その役目を終えて定年円満退職、

ハッピーリタイアメント

というところでしょうか?

 

今後も、

多少はコイン現金決済は

残るでしょうが、

これを機に

コインを貯め込むことは

スパッとやめることにします。

デジタルの決済は、

どうしても「使いすぎ」リスクが

ついて回ってしまうわけですが、

使いすぎを防ぐリテラシーを、

まず自分自身がしっかり身につけて、

子供たちにもきちんと

教えられるように

していきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました