楽天銀行のデビットカード使用で貯まった楽天ポイント、楽天証券の投資信託に化ける

五十のポイ活手習い

最近、スマートフォンの「ログインサービス」やら「ガチャ」が増えたけど、侮れない話

の通り、毎朝起きると、とりあえずすぐスマホのガチャ類をポチるのが最近の日課。

楽天PointScreenアプリのリワード・ページを開いたら、

本日は先月分の楽天銀行デビットカード使用分の楽天ポイント付与日でした。

生活費口座の移し替え、面倒極まりないが、やってよかった話

の通り、最近は生活費口座を楽天銀行に替え、

デビットカード支払を利用することが増えたため、

先月の楽天銀行からの獲得ポイントは2,033点(2,033円相当)でした。

普通預金の金利が0.001%であることを考えると、

必要な買い物をするだけでこのポイント数は大きいですね。

ひと昔前であれば、

貯めたポイントは楽天市場内でお買い物する時くらいしか利用できませんでした。

ところが、最近はポイント投資が盛んになってきて、

小額から投資の原資に回せる機会が増えて、とても助かってます。

楽天銀行の口座を作ってからすぐ、楽天証券のアカウントも開いて、

「マネーブリッジ」という連携制度を使って銀行-証券口座間を連携しています。

楽天証券で単元未満の現物株も買わせてもらえると良いのだけれど、

いまのところそれはできないようです。

そこで、貯まったポイントは米国インデックス・ファンドに移しておくことにしています。

理由は、他の証券会社で国内現物株(イオンの株とか)を買っているので、投資先を分散させるため。

そして、ノーロード(販売手数料ゼロ)のため、小額資金の移し先としては、ちょうど良いだろうと思ったためです。

(実質運用管理費用 年0.162%(税込)はイタいのですけれどね。ある程度まとまったら現物株に転換しようと思います。)

とりあえずキリのいい2,500円まで、ポイント不足分を楽天銀行の現金で足して、買い注文ポチっ!

本日の投資活動終了! 小さなことからコツコツと…

毎日新聞のサラリーマン川柳に投稿されたご同輩がいたようですので、敬意を評して、転記ご紹介。

「ポイントが私の大事なお小遣い 必然的に詳しくなります」

さてと、今日も頑張ってハタらきますかね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました