【親と子のBMIバトル】父と息子と、壮絶(!?)BMIバトル・スタート!

親と子のBMIバトル

こんにちは。とってもひもじい五十男浪(いそおろう)です。

なぜって? 朝から何も食べていないからです。

「ついに食料を買いに行くお金も尽きたか?」

いえいえ、そういうわけではないんですが、

本日1日限り、断食中ですので。

それなので、本日は【節約酒肴】の投稿も無し。

仕事あがりの大好きな大好きな晩酌も無し、なので。

 

もうかれこれ1年近く、週1断食を続けています。

きっかけは、スマホの三日坊主防止アプリ(習慣化支援アプリ)

みんチャレ」の「月曜断食チーム」に入ったことから。

このチーム、一種のSNSなんですが、名前も素性も知らない

オンライン上の5人が1チームを作り、

ダイエット・カテゴリーであれば、男性も女性も毎日自分のリアルな体重を

チーム・スレッドにさらけ出す、というもの。

 

最近流行りのダイエット法の1つに「月曜断食」メソッドというものがあるのですが、

これを地でいってみよう、という試みのチームです。

 

五十男浪は、必ずしも「月曜」と曜日を決められてはいないものの、

週に1回必ず断食日を設けるようにし続けています。

 

はじめてから1年経って、体重は約20kg落とすことができました。

それでもまだBMI27なんだよね〜。

いま思えば、1年前はどんだけ肥えていたんだ…!?

 

さて、おさらい(?)ですが、BMIとは?

厚生労働省のe-ヘルスネットより転記させて頂きます。

BMI(BMI)/ Body Mass Index / ボディ・マス指数 / 体格指数 /

[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で算出される値。肥満や低体重(やせ)の判定に用いる。

肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数で、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で求められます(身長はcmではなくmで計算します)。

計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なり、WHO(世界保健機構)の基準では30以上を”Obese”(肥満)としています。

日本肥満学会の定めた基準では18.5未満が「低体重(やせ)」、18.5以上25未満が「普通体重」、25以上が「肥満」で、肥満はその度合いによってさらに「肥満1」から「肥満4」に分類されます。

BMI22になるときの体重が標準体重で、最も病気になりにくい状態であるとされています。25を超えると脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病のリスクが2倍以上になり、30超えると高度な肥満としてより積極的な減量治療を要するものとされています。

五十男浪の場合、現在27で「肥満1」の分類ですが、25を切ると「標準」の範囲内に。22まで下がると、統計的に最も病気になりにくい状態、とのことで、ここが当面のダイエット目標値ですね。

 

・・・と、ここまでが五十男浪本人のBMI値のハナシ。

実は、今度中学校にあがる長男クンも、同じBMI計算式に身長体重を入れると、

全く同じ「27」なんですよね。

 

※五十男浪自身も知らなくて、今回調べてはじめて教えられたことですが、

BMIというのはあくまでも大人のための指標であって、

成長期の子供にそのまま当てはまるものではないそうだ。

・学童(小・中学生)は、[ローレル指数]

・幼児(3ヶ月〜5歳)は、[カウプ指数]

という指標で肥満度合いをはかるのが適切なのだそうです。

とはいえ、いずれの指標も、本人の「身長」と「体重」だけを

掛けたり割ったりして求めるものなので、

「ローレル指数」で肥満の子が、

BMI試算で痩せ型に分類されることは絶対にありません。

 

ところで、なぜここにきて急に長男くんのBMIを気にし出したか、というと、

学校の検診で赤札(病院受診司令)を受け、

小児肥満外来を受診することになったからです。

そこで、お若い綺麗な女医さんに、長男くんは生活習慣のことでキツーく叱られて、

「こんな生活習慣じゃ君は50歳まで生きられないよ」と脅されてび〜び〜泣いて、

「毎朝の体重測定」と「食事記録づけ」を命じられてしまったのです。

 

長男くんが肥満児の仲間入りしたのにはキッカケがあります。

五十男浪家は共働きですが、長男くんが小学校3年生の時に、

それまでお世話になっていた学童の枠からもれてしまったのです。

 

小3からはじまったお留守番生活で、お腹をすかせないように、と

オヤツをいろいろとダイニング・テーブルに置いて置くようにしたのですが、

そこから体重グラフはJump Upでしたね。

 

思い返せば、本人にも可哀想な思いをさせてしまっているのだけれど、

むかしベストセラーになった「淋しい女(ひと)は太る」は、

なにも女子だけのことではないんですね。

 

過去のことを振り返ってばかりいてもしょうがないので、

未来をどう変えて行くか、なんですが、

ひとまず、子供の指標としては相応しくないBMIながら、

これを基準に、親と子と、どちらが先にBMI25を切るか! の壮絶バトル・スタートです。

 

といっても、長男くんは成長期ですから、断食はさせません。

BMI(なり、他の指数でも)、身長と体重との掛け合わせですから、

同じ体重でも「背が伸びればBMI値は下がる」わけですからね。

 

五十男浪は、さすがにもうこの歳になると、身長が縮むことはあっても

伸びることはないでしょう。

ということで、ちょっとハンデを背負った親子バトルではありますが、

このブログでも時々経過をご報告しますので、ご声援お待ちしますね。

 

あ〜腹減ったぁ…..

【五十男浪、現在身長183cm、体重90kgちょうど、BMI値27.1】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました