【節約酒肴】豚コマ、竹輪、パプリカの炒め物(すき焼のタレとオイスターソース)

節約酒肴

九州の「久原醤油」(くばらしょうゆ)という醤油メーカー、ご存知ですか?

もちろん、東京近郊にも、

キッコーマンとか、ヤマサ醤油とか、

全世界的に有名な醤油メーカーは数あれど、

五十男浪(いそおろう)は、この久原醤油の商品が大好きです。

どこで知ったか?って?

 

若い頃によく福岡に出張に行っていたんです。

博多泊の出張になると、当然ホテルにチェックインした後、

居酒屋に繰り出すわけですが、

なぜか博多の居酒屋、焼き鳥屋さんだと、

お通しに独特のポン酢?をかけたキャベツが出てくる。

この「キャベツのうまだれ」が久原醤油製だと知った20年前からのお付き合いです。

 

さて、東京のスーパーマーケットでも、久原醤油製品を扱うチェーンがあって、

この冬(2021)五十男浪家での大ヒットは、

すき焼き風豚しゃぶ鍋つゆ」です。

 

年齢が50を超えてくると、しゃぶしゃぶも牛よりはあっさり豚の方が…

とかいいながら、でもやっぱり砂糖と黒みりんで甘みを出したすき焼の

官能的な味わい(?)が忘れられない…という、非常に中途半端なコンセプトが、

これまで中途半端に50年生きてきた五十男浪にはバッチグー(!?)なのです。

 

そんなわけで、「すき焼風豚しゃぶ」を家族揃って散々堪能した翌日、

いっぱい出汁のでたこのお汁をさらに利用しない手はないなー、と思っていたら

good news!

 

実はすき焼タレは炒め物の調味料としても秀逸なのだそうだ!

 

そこで試してみたのが写真の一品。

めちゃめちゃ簡単美味。

豚こまと、ちぎり竹輪と、切り刻んだパプリカをフライパンで炒め、

仕上げにすき焼タレ(ウチの場合は、冒頭で紹介した豚しゃぶの残り汁)

とオイスターソースをかけて終了。(その他の調味料は一切無し!)

こんな手間無し絶品なら、毎日でもいけるかもー。

 

ということで、至福の鍋の翌日の、至福の簡単酒肴でございました。

節約酒肴
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました