【節約酒肴】プルコギ・レンチン焼きそばなら、火いらず、包丁いらず

節約酒肴

今宵も、

ナイト・スーパーに見切り品ハントに立ち寄った

五十男浪(いそおろう)。

今宵の収穫はコレ!! ↓

プルコギ(牛味付け肉)、40%OFF!!

これで、前からやってみたかったことがあるんですよね〜。

SNS上の友人うっぴーさんが

子供たちにふるまうヘルシオ焼きそば

ウチに3年前まで居たヘルシオは

過労死してしまったけれど、

きっと、前工程さえまちがえなければ、

普通のレンジでも再現できるだろうな〜、

と思ってやってみました。

そりゃ、さ、即席焼きそばだったら、

「お湯かけて3分」系インスタントが

世の中にはたくさんありますよね。

特盛だとかギガマックスだとか…

でもね、

「自分で作りたいの」

しかも、

「残業あがりだから、火も包丁も使いたくないの」

って、わがままでしょ?

でもできたんです。

その工程をご報告!

まず、用意したものは、プルコギと、生焼きそば1玉。

小えびとコンビニ(スーパー)のカット野菜。

これをレンジに放り込んで焼そば化するわけですが、

我が家には強い味方がおる!!

レンジを「グリル化」してくれる

和平フレイズの耐熱皿「マジカリーノ」!!

最終的には、これに全ての具材を持ってチンすることで、

焼きそばになってしまうんです。ホント!!

  1. 生プルコギを耐熱皿(ウチはマジカリーノ)に盛ってレンジ(700W)4分
  2. 4分ではまだお肉が生焼けなので、ひっくり返したりしつつ、カット野菜、そばをin
  3. さらにレンジ4分チン♪
  4. 最後に、お好みでソースをかけ、小エビやあげ玉、鰹節などをまぶしてでっき上がりぃ〜
Step1
Step2
Step4

ね? カンタンでしょ?

という割には、実は紆余曲折がありまして…(汗と涙;

“海鮮焼そば”にしようとして、

冷凍シーフードミックスを入れたら、

インスタント並みに湯切りの必要な

びしょびしょ麺になったり

糖質オフ麺に変えてみようとしたら、

これまたグズグズになってしまったり…

<結論>

数々の失敗から学んだことは

(1)「レンチン焼きそばは、

味付け肉で作ってしまうのがラク」

(特に、プルコギだったら、

ちょっとコチュジャンを足すだけで、

“韓国味焼きそばに簡単に変身します。

お酒がすすむでしょ?)

(2)麺は正統派”焼きそば用中華麺”に限る!

ということ。

中華麺、レンチン蒸しするだけでも、

ソースその他でしっかり味をつければ、

焼きたての美味しさが楽しめますよ。

ということで、紆余曲折を経て、

五十男浪的に、

「超手抜きリピート確実本格派家飲み焼きそば」

が出来上がりました。

いかがでしょう?

味付け肉+コンビニ(スーパー)カット野菜の

レンチン焼きそばは、

本当に耐熱皿の上で「混ぜるだけ」で完結するので、

疲れ切った日のお夜食にもおすすめです。

まだ他にもアレンジ方法はいろいろあるので、

ぜひ試してみてくださいね!!

↑おとこメ〜ン!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました