銀行、証券会社のカモ、とは。これが銀行の「ご退職者特別プラン」か…

ニュースより

東洋経済オンラインにFP山中伸枝氏が投稿していた記事より。

これが悪評高い「退職者プラン」というやつか。

オレオレ詐欺撲滅、ではないけれど、”類似の老後資金泥棒”防止のため、

内容を紹介させていただきます。

(残念ながら五十男浪にはもう退職金は無いけれど(涙))

大手企業の退職者が、退職金が振り込まれてすぐに銀行に呼び出される

(もしくは銀行マンから押しかけられる)のはよく聞く話。

そして、呼び出された場合、普段の雑然とした窓口で何時間も待たされるのではなく、

いきなり支店長室に通されて、

フカフカのソファーでコーヒーをすすりながら支店長と昔話、というのもよく聞く話。

そこで紹介される「退職者限定プラン」というのが、すこぶる評判が悪い、

という話はいろいろなところから聞いていたけれど、これではねぇ。

山中氏が記述していた事例を紹介。

(あくまでも一例なので、すべてがこれと同じプラン、というわけでは無いことは勿論考慮する必要がありますが。)

退職金2,000万円の運用プランとして銀行から提示されたのが、

半分を定期預金で、残りを投資信託で、というパッケージ。

定期預金の「退職プラン限定年7%」は、実は適用期間が契約当初3ヶ月のみで、

それ以降は通常の定期預金利率に引き下げられるというもの。

年利7%で3ヶ月の実質金利は1.75%ゆえ、

1000万円から得られる3ヶ月分の利息は17.5万円。

それに反して、残り1000万円で購入したアジア株ファンドの購入手数料が3.24%。

(32.4万円)

この3ヶ月時点ですでに大幅なマイナス。

さらに、この山中さんのクライアントの場合、期間中のアジア株運用成績がガタ落ちし、

あっというまに半値の500万円に。

hmmmmm…こうなるともうほとんどヤクザの世界ですなぁ…。

改めて自己防衛の重要さを気づかされた名記事でした。

ニュースより
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました