【節約酒肴】キッコーマン「うちの、ごはん」肉おかずの素シリーズ、パウチ・パッケージが秀逸!!

節約酒肴

先日、「レンチン香味ねぎだれ鶏手羽中(スペアリブ)&平茸蒸し」を作った時に使ってみた、キッコーマンの「うちの、ごはん」香味ねぎだれふっくらチキンの素。実は、奥さん宛に、株主優待品として送っていただいた詰合せの中に入っていて、はじめて利用したのですが、とても手軽で美味しかったことは前回リポート済み

今回改めて気づいたことは、その中身の調味ソースのお味よりも、そのパッケージの秀逸さ。
生肉をそのままパッケージに放り込んで、チャックをしてチンしたら出来上がり、という作りにしているのですが、素材が頑丈なので、1回使い切りにする必要がないんです。

ということで、前回晩酌が済んだあとに、パッケージをきれいに洗い直して干しておきました。
今宵は、これで、自家製鶏大根に挑戦。

まあ、レンジ煮のためのパックは、ジップロックなどのフリーザーパックが使えますが、フリーザーパックと、このキッコーマンのパッケージとでは、結構使い勝手にずいぶん差があります。

(1)このパッケージは、底面が幅広なので、レンジの中で自立するんです。
(
精神的に自立していない!?五十男浪としては、羨ましい…(; )


(2)
密閉用のチャックがあるのは、フリーザーパックと一緒なんですが、きちっとチャックをしてもふさがれない、通気穴(蒸気穴)があるんです。


(3)
レンジでチンし終えた後に取り出すために、両脇に熱の伝わりにくい部分(持ち手)がつくられていて、ミトンなしでも熱々の出来上がりをレンジから取り出せるんです。

ということで、今夜は、何も入っていない綺麗な「うちの、ごはん」空パッケージに、新たに調味料と具材を全て放り込みました。

鶏肉1パック約200g。大根1/8本をいちょう切りに。
調味だれは、kurashiruの鶏大根レシピを参考に。

水 100ml

料理酒 大さじ2

みりん 大さじ2

しょうゆ 大さじ2

白だし 大さじ2

砂糖 大さじ1

ごま油 大さじ1

ひと口サイズに切った具材と調味料を、何も考えずに一気に袋の中に流し込んで、チャックをしたら、モミモミ、振り振り。その後まずレンジ(うちは700kwです)で8分。チンとなっても取り出さず、5分ほど蒸らして調味料を具材にゆっくり染み込ませます。

最後に、もう一度3分間だけ同じレンジで追加加熱をしたら出来上がり。
簡単でしょ?

そして、ちゃんとお鍋でじっくり煮込んだのと同じように、大根にもしっかり味がしみてましたよ。

ハフハフ、ウマウマ…

【あっ!!!!!!】

あんまり美味しくて、お腹が空いていて、一気に食べてしまった。
完成写真撮るの忘れた〜!!!

まぁ、この手はリピ確実なので、近い日にまたやり直して、美味しいお料理の写真をアップし直しますね。

あまりに簡単なので、
翌日の晩すぐに作り直しました

〔おさらい〕
キッコーマン「うちの、ごはん」シリーズの空パッケージ(パウチ)は、レンチン調理器具として秀逸! レンジを使った煮物、焼き物にどんどん使ってみよう!!!

以上、本日学んだことのご報告でした。ぷは〜。ごちそうさまでした。

節約酒肴
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました