【今宵お持ち帰り】テレワークみやげ。おかず横丁松屋謹製・絶品豚バラチャーシュー

今宵お持ち帰り

ビジネスホテルの

「テレワーク・プラン」は

ネットカフェより良い!!

と感じた件

でも書いた通り、

最近は各ビジネスホテルの

テレワーク・プランが

充実してきているので、

とても仕事がはかどります。

 

今日も、

どうしても半日

部屋にカンヅメになって

パソコンと向き合わなければ

ならない必要に迫られた

五十男浪(いそおろう)

迷わず、ネットの旅行サイト

「じゃらん」で検索して、

予約を取りました。

いや〜、これが

パスポート持って

アジア小旅行に来た感覚で、

(ホント良い意味で)

風変わりなテレワ体験

となりました。

WEBホテルのWEBって何?

7時から、夕4時まで、

最大9時間、

個室(3点バストイレ付き)

利用できて、

フカフカベットの

30分お昼寝付きで、

税・サービス料込2,800円って、

滅茶苦茶安くないですか?

 

ポチっ!

 

実際には、

フロント・ロビーで

待つことも覚悟して、

仕事をする気満々で

6時に到着したら、

そのままお部屋に

通してくれたので、

たっぷり10時間

仕事をしました

(途中、散歩したけど)

時間単価280円也!!

 

ただ、

到着した際の門がまえ

からして、

異国に迷い込んだ感じは

否めませんでした。

あれ?この看板?

もしかして、

ここ、ラブホですか?

伏目がちに

入館しないと駄目?

ひとりで入ったら

駄目ですか?

 

ここを予約した理由の1つが、

ホテル名「WEB HOTEL」って、

通信環境に関して

どんな素晴らしい

仕掛けがあるのかしら?って、

期待に胸を膨らませまくって

しまったこと。

 

どうも全国的な

ホテル・チェーンでは

なさそうだしなぁ

 

そこで、チェックイン時に

フロントのお兄さんに

単刀直入に聞きました。

WEB HOTELWEBって、

どういう意味なんですか?

「はい、お部屋でWi-Fi

ガンガン使えることです。」

「えっ?

それってビジネスホテルでは

普通では

と喉もとまで出かかかったのを

ようやくこらえて、

ニコッと笑って

キーを受け取りました。

 

つまり、

お部屋でWi-Fiガンガン」

が珍しかった時代から

営業していた老舗、

っていうことですね。納得。

 

それゆえ、お部屋は典型的な

15平米窮屈ダブル・ルーム

でしたけど、

2018年客室リニュアル工事済

なので、清潔感は申し分ない

感じでした。

「孤独のグルメ」のおかず横丁で、至宝の豚バラ焼豚ゲット!!

このホテルを利用したら、

ぜひ使いたいのが

4時間まで無料貸し出しの

ママチャリ!」。

五十男浪自身も、

仕事に煮詰まって、

借り受けましたよ。

やや錆ついて、

ちゃんと走れるかしら?

な感じの

「免費租用車(1)號」エンブレム

輝くWEBママチャリ。

これを借りたら、

やっぱり

酒肴探索でしょう!!!

 

実は、浅草橋といえば、

「孤独のグルメ」井之頭五郎が

かつサンドを食べた

「居酒屋まめぞ」のある街

なのですが、その商店街

「おかず横丁」には、

至宝のチャーシュー(焼豚)

週に1回、土曜日だけ

店頭販売するお店があります。

「松屋」

百貨店や牛丼チェーンではない、

焼豚専門店です。

 

前から一度手に入れてみたい!!!

と思っていた一品なので、

とても良い小旅行の

お土産となりました。

「おめぇ、遊びにきたんだろう」

って?

いやぁ、ホンの息抜きをしただけで、

実はめちゃくちゃ働いたんだからぁ

労働のあとの一杯は

美味い!!!

(だからホントに

働いたってば…)

至宝のチャーシュー、

ラーメンに浮かべる

までもなく、

食卓に並べた瞬間に

なくなりました(汗;

まとめ

実はこの記事は、

WEBホテルをけなすわけでも

褒めるわけでもなく、

そもそも旅行サイトの

デイユース(テレワーク)プランが

色々あってとっても面白い、

というお話がしたかったのです。

伝わりましたでしょうか?

 

私自身は、

Pontaポイントを貯めるべく、

いつも「じゃらん」を

探しに行っていますが、

もし気になったら、

ご利用中の旅行サイトで

「人数1名/デイユース」条件で

検索してみてください。

 

仕事しながらの

プチ小旅行気分が

楽しめるかもしれませんよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました