【節約酒肴】ズッキーニを蒲焼丼にしてみました。罪悪感、かなり控えめのお夜食

節約酒肴

仕事の帰り道、

商店街で

お惣菜屋さんの前を

通ったら、

空きっ腹にはとても

酷なうなぎ蒲焼の匂い

買って帰ろうかな〜。

 

いえいえ、

五十男浪(いそおろう)家の

家計には、うなぎなんて

贅沢品を買うお金はありません。

店頭でにおいを

嗅ぎながら

どんぶり白米をガッツくか…!?

って、50代にもなって

そんな大人げないことを

するわけはないですが、

正直、最近「うなぎ」の

とってもあぶらギッシュな

感じには、ついていけなく

なりつつあるんですよね〜。

年を取ったものよの〜。

 

そこで、本日は、

大人の(ジジイの)

酒飲みながらの

食事にも合う、

ちょっぴり罪悪感抑えめ

蒲焼どんぶり作り。

 

役者はこれ

ずきゅーん、ズッキーニ!!

 

数日前に、

タテワリの大好きなJA

(?タテワリの意味違わないか?)

のツィート

「縦切りズッキーニのステーキ」

に惹かれて、

これ近々やってみよう、

と思っていたところなので、

ここはステーキでなく、

うなぎ蒲焼のタレを

豪快にかけて蒲焼丼。

JAのご指示通りに、

組織をタテワリ割りに分断して

(だから意味が違うってば)

ごま油で強火で炒めます。

程よく火が通ったところで、

蒲焼のタレをかけて

からめ焼きます。

 

どんぶり飯は、

これも横着して

パックごはん。

五十男浪家には

食べ盛りの小中学生男子が

2匹も居るので、

炊飯器で炊くご飯は

普通の白米でないと

ブーイングの嵐なのですが、

自分ひとりのおコメには、

胚芽米とか、麦飯とか、

マンナンごはんとか、

ちょっと罪悪感を薄めようとする

悪あがきにちょうど良い

メニューがいろいろあります。

 

本日は、

「この胚芽もち麦ごはん」

茶碗一杯分に、

甘い蒲焼のタレを

ふんだんにかけて、

その上から

ズッキーニの蒲焼をオン。

山椒をピリリとまぶしたら、

もしかしたらウナギよりも

蒲焼丼としては

格上のような気がしてきた。

 

ともかくも、

めっちゃ簡単美味なので、

ご興味あれば是非試して

みてくださいね。

主婦さんの間では、

茄子蒲焼丼も好評みたい。

今度ぜひトライしてみよう。

では、いっただっきま〜す

 

 

 

節約酒肴
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました