【節約酒肴】旨いマグロと、不味い(古く、まずくしてしまった)マグロの食べくらべ、味噌マヨ・マグロなら酒がススむ

節約酒肴

今日のランチは、

“さすらいのミニマリスト”

なかしんさん

大絶賛のお寿司屋さん。

2019年まで、

六本木一丁目駅のそばで

営業していたお店が、

足立区梅島に移転して

現在も営業を継続中、

とのこと。

ちょっと、ちょっと、

梅島って、どこ?

ココ↓

まぐろ白川 
電話:03-5888-6206
住所:東京都足立区梅島1-16-19

[営業時間]

ランチ  11:30~14:00
ディナー 17:00~21:00
※ネタ切れ次第終了/不定休

東武スカイツリーライン

(伊勢崎線)梅島駅より

徒歩5分くらい

「隠れた銘店」とは言うものの、

ホントにすごい

隠れっぷりですね。

このあたりなんて、

近隣在住でもない限り、

まず足を踏み入れないですよ。

どこかな〜。

飲食店なんて

なさそうな住宅街だけど。

あ、あれかな?

ありました。

豊洲より、築地より

旨いものを

食べさせてくれる、

マグロ専門店。

平日の昼に訪れましたが、

他にお客さんはおらず、

貸切状態。

 

いや〜、

ひっさしぶりに

回転しない

お寿司屋さんへ行きました。

なお、このお店の中では、

スマホ使用禁止

なのだそうなので、

絶品お寿司の

写真は無しです。

 

マグロ赤身握り6貫を

1人前お店でいただいて、

1折奥さん用に”おみや”で

包んでもらいました。

 

注文すると、

大将が冷蔵庫から取り出した

マグロ柵に手際よく

包丁を入れて、

目の前で握ってくれました。

なるほどー、

“むらさき”(醤油)をつけなくても、

そのままで美味しく

いただける新鮮なマグロって、

こういうことか…。

これまで、いかに我々は

調味料に味覚を

騙されていたか、

ということだな、

これは。

 

さて、

至福のランチをいただいて、

帰宅すると、

持ち帰った折詰は、

握られてから

2時間くらいですが、

さすがに空気に触れて、

すこし色が変わっておりました。

生魚って、

ホントにデリケートですね。

奥さんの夜用に、

と思ったけれど、

こりゃ晩御飯の頃には

いたんでしまうな。

 

せっかくのマグロが

台無しになっては

残念すぎるので、

持ち帰った折も

その場でペロッと

食べてしまいました。

さすがに刺身が

空気に触れて、

少し味が変わっては

おりましたが、まあ、

そんじょそこらの

スーパーの折詰寿司とは

比べ物にならない

お味を、再度堪能

させていただきました。

 

なので、読者の皆様、

決して私、

五十男浪(いそおろう)が、

平日の昼間っから

仕事をサボって

カウンター寿司を

ほおばっていたと、

奥さんに告げ口

しないでくださいね。

家庭崩壊!?

してしまいますから…

お願いしますよ。

 

さて、そうなると、

今晩に残された

このマグロは

どうしてくれよう…?

【スペイン産 本まぐろ尽くし(2盛り)養殖 解凍】

しかも、

昨晩の仕事上がりがけに、

スーパーの見切品売り場で

ハントしたもの。

税込861円を70%引!

さらに、

それをその日のうちに

食さず、丸一日冷蔵庫で

寝かしてしまったもの。

 

う〜ん、

日がくれるにしたがって、

どんどん質の落ちていく

マグロと対峙することに

なるなぁ。

 

そこで、今宵は、

以前ネットニュースで読んだ

【漬け物】+マヨ、ケチャで絶品! お刺身・チーズのみそ漬けレシピ

のアイディア始動!

ジップロックに、

みそ大さじ1

みりんも大さじ1

マヨネーズ大さじ1/2

をコネコネして、

そこにこの

叩き売られマグロをイン!

 

ついでに、

冷蔵庫の肥やしに

なりかけていた

アボガドくんも、

細かく刻んで、イン!

冷蔵庫で寝かせること

3時間くらい。

取りいだしたるは、

こんな感じ。

かなり調味料で

誤魔化されている感

満載ですが、

お酒のおつまみとしては

これで十分ハイに

なれましたよ。

オリジナル・レシピの

サイトによれば、

これは【惚れ直されレシピ】

らしいから、

奥さんに出したら

惚れ直してくれるかな?

(お土産をちょろまかしてる

時点でアカンやろ!!)

マグロ尽くしの、

幸せな1日でございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました