【五十男浪ブログ】iDeCoの通信簿を見て愕然。ホントにこれからは海外金融資産を持ってないとヤバいと感じた件

五十男浪ブログ

“その日暮らし”の

五十男浪(いそおろう)

には、まとまった

資産らしきものは

ございません。

しかし、本日は、

iDeCoのマイページを

見て愕然とした

お話を1件。

1点だけお伝えしたいこと:

生粋日本人にはわかりづらい

商品かもしれないけれど、

少額でも海外金融資産を

持っておかないと駄目ですね。

 

さて、時は2017年

iDeCoへの加入条件が

大幅に緩和されたので、

五十男浪は真っ先に

加入しました。

当時の積立上限である

月額1.2万円で。

4年経って、

運用手数料の安い

新商品がリリースされた

という案内を銀行から

受け取ったので、

iDeCoのマイページを

見に行ったんです。

 

積立開始から

4年4ヶ月(52ヶ月)の

運用成績は、

年金資産評価額 681,088円

期間中運用金額 576,599円

評価損益 プラス104,434円

初回入金来運用利回り7.66%

直近1年運用利回り  17.46%

 

成績の良い運用利回りにも

驚きましたが、

さらに驚いたのが、

投資先ごとの内訳。

初回契約時には、

分かりやすく、

投資配分を

日本株式25%

日本債券25%

海外株式25%

海外債券25%

と配分しました。

これが4年後に

どういう比率になったと

思いますか?

(カッコ内は評価損益率)

日本株式 26%(21%)

日本債券 21%(-0.2%)

海外株式 30%(43.5%)

海外債券 23%(8.2%)

つまり、

期間中の評価額増の大部分を、

外国株式インデックス

ファンドが稼いでいた、

というわけです。

”海外の企業動向はよく分からん”

と敬遠しがちになる方も

いらっしゃると思いますが、

国内金融商品一本槍では、

ずいぶん資産が増えづらくなる

というのが、

非常にシンプルに理解できました!

五十男浪ブログ
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました