ゲコの気持ちをお勉強、藤野英人氏の「ゲコノミクス」

五十男浪ブログ

五十男浪(いそおろう)も

何口か買って

お世話になっている(!?)

アクティブファンド

(投資信託)「ひふみ投信」の

ファンドマネージャー

藤野英人氏。

その著書を1冊買って

読んでみました。

「投資のお勉強」

ではなく、

「ゲコのお勉強」。

いやあ、読みやすく

勉強になりました!

何が、って、やはり

【自分と異なる立場に立って

ものを見ることの難しさ】

を改めて痛感しましたね。

ものすごい想像力を

働かせないといけない、

ということですね。

 

ノンアルコールはメニューのどこに載っているのか見つけるのが難しいもの。そしてやっと見つけたと思ったら、ウーロン茶とオレンジジュースとコーラとジンジャーエール、そして炭酸水くらいしかなかったりするのです。(中略)

こうして、ゲコにとっての飲み会は時に”ウーロン茶がぶ飲み大会”になってしまうのです。(本文24P)

そりゃ、

飲み会も楽しくないよなー。

2020年から「コロナ」の問題で

外食、飲み会が

ままならなくなって

飲食業界は皆さん

大変な思いをしています。

しかし、

このファンドマネージャー曰く

「ゲコ市場の可能性は

3,000億円超!?」

「下戸市場が日本を救う!」

とまで言っています。

それが正しいかどうかを

細かく分析することは避けたい

のですが、

「飲めない」「飲まない」

「飲みたくない」人々

(総称して「ゲコノミスト」

と定義しています。)が、

LGBTQと同じくらいの

マイノリティ感を感じていた

ということに、

対語となる「ノミスト」としては

思いを馳せる必要がありますね。

ぜひ「ノミスト」の同士にこそ

一読していただきたいと感じた

1冊です!

五十男浪ブログ
五十男浪をフォローする
玄関あけたら左党のゴハン【節約酒肴】とダイエットの日日 by 五十男浪(いそおろう)・ドット・トーキョー

コメント

タイトルとURLをコピーしました